劇団HOBOのページです。
劇団HOBOの公演情報などを随時更新していきます!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出演者ブログリレー~林和義編~
紀保嬢から受け継いだ林和義です。

ワイルドな話ねぇ~。

ふ~む、あの~私こう見えて20代前半の頃ラッパーだったんですね~。

まぁユル~イやつでして、adidasのジャージを来てスニーカーに紐を通さず履くみたいな。

RUN DMCみたいな格好をしてたんですね。

で、皿(レコード)も友達と一緒に回してたんですよ。

DAINA&DAVE

って名前で。

まぁ趣味でやってただけだから、知り合いのパーティーの余興とか結婚式の2次会とかに呼ばれて回してたんですね。

あるスタイリストのパーティーに呼ばれて、タクシー(その頃はお車代とかくれたのです)での帰り道。

DAVE(友人)「ダイナ!今日も上手くいったなぁ俺達!」

DAINA(私)「デイブ、そうだな」

DAVE「どうしたダイナ?元気ねーぞ。これからマイヤーズを1本づつのもうぜ!」

DAINA「……お腹痛い……。」

DAVE「なんだって?そりゃ宜しくねーなダイナ!でも近くにトイレはねーぞ!」

その当時、コンビニはトイレを貸すなんてサービスは無かったのです。

まぁ夜中2時過ぎなんでやってもいないんですが。

DAINA「でも本気でやばいぜデイブ!俺を助けてくれYO!」

DAVE「よ~し俺に任せろダイナ!運転手さん、そこで止めてくれ!5分時間をくれ!その間運転手さんはフリーだ!」

そこは営業終了したGS。

DAVE「ダイナ急げ!俺達に残された時間は5分だ!」

DAINA「でもデイブ、やってねーからトイレは借りれねーYO!」

DAVE「心配すんな!彼処でやれ!」

とデイブが指さしたのは洗車するカーテンみたいのが垂れてるとこ。

DAINA「えっ……」

DAVE「残された時間は5分しかねーんだ!こうしてる間も料金メーターは上がってるんだ、早くしねーか!」

DAINA「………わかった。」

緊張した。

DAINA「終わったぜデイブ…。」

DAVE「おっ、早かったなダイナ。」

DAINA「さぁ行こう!俺たちの夜はこれからだ!」

DAVE「マイヤーズを運転手さんにも1本おごってやるか!」

運転手「お客さん早かったですね、まだ私のフリータイムは90秒残ってますぜ」

DAINA「それは悪かったな、でもよ俺達はもうここには用はねーんだ。車を出してくれ」

運転手「へっ、お客さんの言うことには逆らえねーや……。だけどお客さん一つ確認しておきたい事があるんです。」

DAINA「何だ言ってみろ」

運転手「拭いたんですか?」

DAVE「そうだ、ダイナお前ちり紙なんて持ってなかったじゃねーか!」

DAINA「俺のラスタカラーのバンダナをGSにくれてやったぜ!」

運転手「…そうですか、それを聞いて安心しました。」

DAVE「今度お前にバンダナプレゼントしてやるよ!」

DAINA「おう!さぁ行こう!マイヤーズが俺たちを待っている!」

20代の頃のワイルド?な出来事ですなぁ~。

じゃあ次は本間さんでお願いします。


林 ブログ

グレイトハンティングのご予約はこちらからどうぞ
出演者ブログリレー~松本紀保編~
省吾さんからリレーいただきました松本紀保と申します!


HOBOさんには昨年に続き2度目の参加になります\(^o^)/

ワイルドさかあー。


私というよりは共演した男優陣から言われることがありまして。

「紀保ちゃんの一発は破壊力がある」


これだけ聞くと何のことやらと思われちゃいますが、過去の芝居の中で、まあ男優さんをひっぱたいたり、頭をこづいたりするさシーンがあってですね。

私、まったく躊躇なくやったりするらしいんですね。


皆の話だと普通は力を加減してしまって、もっとやっていいよくらいなのに、どうやら私の場合は「もうちょっと加減してもいいよ…」と。

古川さん林さんと共演した時もビンタの重さが違うと言われちゃいまして。
まああれですよね、ビンタってあんまり「重さ」っていう言葉出てこない気も…。

いい訳じゃないのですが、やっぱりそういうシーンは「良い音ださないと!」って思うのでついつい気合入るのかなあ。

そのあたり、ワイルドなのかな…。

辛い物好きは生きてる証が欲しいという心理もあるらしく、そんなとこもワイルドさなのかな…。


さて今回はそんなワイルド?なシーンが果たしてあるのか!

お楽しみに!!

さてバトンは、林あにいに。

ワイルドなお話あったら是非!

もちろん、ワイルドじゃなくても是非!(*^^*)

松本 ブログ写真

劇団HOBO 第6回公演『グレイトハンティング』ご予約はこちらからどうぞ!
出演者ブログリレースタート!
わたくし古川悦史が
劇団HOBO第六回公演「グレイトハンティング」のブログリレー、トップバッターとあいなりました。

タイトル「グレイトハンティング」
に…ちなんで…



わたくしの
ハードボイルド的話しをひとつお聞せいたしましょう…。

わたくし、右膝に大きな傷あとがあります…16針の…

寒い冬の日や
雨が降り出す前などに
今でも痛みます。
いわゆる…古傷が痛む…って奴です。

よく後輩などから、「どうしたんですか?その大きな縫いあと…!」
などと聞かれます。

その度にわたくし、影のある薄ら笑いを浮かべ「まあね…ンフフ」
と笑うのです。
そのあとはもうそれ以上だれも踏み込んでまいりません…触れてはいけないことに触れてしまった感が漂よいます。

この古傷…名誉の負傷と呼んでおります。

んでどんな名誉かって…?
…お話しましょう。
そう
あれは
若き14さいの冬。
友達みんなで高鬼をしておりました。
言わずとしれた鬼より高いところに登ると捕まらないと言うルールのあれです。
(中学2ねんにもなって何やってんだろと思います)

高鬼が始まり、わたくし近くにあった高圧線の鉄塔によじ登りここなら捕まらんだろ…とタカをくくっておりました…

ところが鬼もなかなか根性のある奴でわたくしを見つけるとひるむことなく鉄塔によじ登り始めました…
どうしても捕まりたくない、わたくしは
せまりくる鬼があと数10センチのところで…捕まる直前にダイブ!!!
高さ8メートル。
近くにあった…
物置の屋根に一度飛び移り
花壇に転落…
気がつけば…膝に16針も縫う大怪我を
負ったのでありました。


鬼に捕まりたくないばかりに、8メートルの高さからダイブ!!

そして当時の古川少年を勇気あるオトコとみんなが讃えたのでした…(穴があったら入りたい、とはこのことです)

以上わたくしのハードボイルド的な
物語…。(恥涙)


第六回公演「グレイトハンティング」
ちょとハードボイルド??なお話し。
でも、あくまでHOBO風ハードボイルドだから…心していらしてくださいませ。
20日から下北沢駅前劇場でお待ちしています。

次のリレーは、省吾くんよろしく!
あなたのハードボイルド的な話しあったら聞かせてね。
HOBO
fc2_2014-05-10_17-36-26-884.jpg

続きを読む
しらす!


省吾さんが稽古場の人数分、
なんとシラスを差し入れてくださいましたー!

みんな大喜びです。


ナイアガラCM 雨宮あさひ 編
ナイアガラCM

もうおしまいかと思っていたかもしれませんが

まだあるんです!

今回は演出助手で参加している

ワハハ本舗の新人、雨宮あさひが

あることにチャレンジしています。

かなり自信満々で挑みましたが

何に挑戦しているのか

そしてどのような結果になっているのか。

彼女の奮闘ぶりを

どうぞ見てやってください!
http://www.youtube.com/watch?v=QaLwLHetr0k&feature=youtu.be


「ナイアガラ」CM 
西條義将編はこちら

古川悦史編はこちら

省吾編はこちら

林和義・本間剛編はこちら

喰始編はこちら

おかやまはじめ編はこちら

さて9月になりました!

本番間近ですよ!

チケットご予約はまだ間に合います!

チケット予約フォームはこちらです!!

お待ちしております!


やはら





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。